« 狩り場について | トップページ | 職業別攻略方法 »

2008年1月 5日 (土)

剣士について

剣士のタイプから言えば硬さと火力の両立した最前衛での支援職。
パラレルやトワーで攻めたり足止めしたり。
防御の薄いWIZや姫にシマーを回したり。
状況を見分けて支援や攻めを行う職、PTでの話ですがね。
ただし、スキル全体的に言える事だが、CP消費が激しすぎるので
回復アイテム以外のインベントリは全部青POTで埋めるべきだろう。
以下に各タイプの優秀スキルと立ち回りを記載します。

全剣士パッシブスキル
◎グレートガッツ(ガッツ)
パッシブ。防御力上昇、状態異常抵抗、敵攻撃から体制維持効果がある。
特筆すべきは、体制維持効果で敵の攻撃による仰け反りと攻撃中断がなくなる。
敵の渦中においても自由に行動できるようになり、サザン、パラレルの使用を確実にする。
必要CPを下回ると発動しないので、パラレル等大技のあともガッツ分のCPをキープするのが前提。
マスター推奨。デュエル前提Lv12でも仰け反りをなくす効果はある。
発動確率は防御力上昇の確率で、50%なら1/2の確率でガッツありorガッツなし、いずれかの防御力になる。
上昇する防御力は装備の「防御効率」の影響をうけず、健康による補正は適用される。


全剣士防御スキル
◎シマーリングシールド(シマー)
主流の防御スキル。盾のガード率上昇。(0.8%/1Lv)
CPを消費し盾を自動ブロック状態にする。唯一、他人にもかけられる支援スキル。
効果時間中ブロック率上昇持続、時間が過ぎるかもう一度スキルを使うと盾が戻る。
誰にかけてもタンクラッシュ、トワーリングシールドなど盾を使った行動、盾の装備変更が出来なくなる。
ブロック率の75%限界説にしたがい、盾+シマー効果の合計が75%になるLvが最善だが、
難易度5スキルのため、Lv20程度で止められる場合も多い。
ガッツと組み合わせることにより被弾による攻撃中止を防ぐ事が可能。
Gvでは常に自分か余裕があれば軟らかい職に回しておきましょう。


剣士物理攻撃スキル
◎パラレルスティング(パラレル)
同時型多段攻撃スキル。Lv5、Lv15、Lv25と分身が増えLv55でx8になる。
マスターすると最強を誇るが、低レベルでは実用性・威力ともに低くゴミ。

パラレルだけを一直線にマスターする火力剣士様が後を絶たないが、
ガッツ・シマーで攻撃中断を防止し、CP獲得スキルで莫大なCP消費を支え、
発動直後もガッツ維持できる最大CPを準備した後、やっと本領発揮するクセのあるスキル。
プレイヤーLv150以上推奨。


剣士知識攻撃妨害スキル
◎ウォークライ(クライ)
範囲攻撃兼妨害スキル。ダメージは知識依存。
自分を中心とした広範囲の敵をスタンさせることが出来る。
スタン効果のスキルの中でずば抜けた効果時間・成功確率を持ちLv35でスタン確率100%になる。
SLv55で麻痺確率120%となるが、耐性の無い相手には有効か?(報告求む
CP消費が大きく、CP獲得の充実が使用条件となるためPTでの使用はLv100以上推奨。
デュエル、クライの組み合わせはタゲ取り・足止め役として他職の追随を許さない

|

« 狩り場について | トップページ | 職業別攻略方法 »

レッドストーン情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。